2018年1月

夷子大黒綱引きに

コラム

綱引きや車軸流しと云う雨が  北川沙羅詩

車軸流しとは、車軸のような太い雨脚の雨が降るさまをいうのだそうですが、この父の句にあるように、雪や雨の中で行われることの多い、国重要無形民俗文化財「西町綱引き」です。昨日から不安定なお天気で、今日も雨も覚悟していたのですが、多くの方の願いが通じたのでしょう。15時前に途切れた雨に感謝です。

2年ぶりの開催となった伝統行事は、大勢の市民も集まり、参加型の行事として最高の盛り上がりを見せました。一度中断した行事を復活させるためには膨大なエネルギーが求められます。今回は、多くの民間団体による伝承協議会が立ち上げられ、皆さんの努力が素晴らしい成果となって結実したわけです。関係者の皆様、本当にありがとうございました。

ただ思うのは、いろいろな事柄は、中断してしまう前に手を打つことが大切なのだということです。おそらく「西町綱引き」と同様の危機感をもって運営がなされている市民活動や事業は少なくないと思います。アンテナを高くし、行政や教育委員会の敷居を低くして、現状の正確な把握に努めていくことが必要なのでしょう。すべてを公助に頼るというのではなく、ともに知恵を絞るオープンな場が必要なのだと思うのです。

「西町綱引き」は市の支援もあり復活することはできましたが、問題は次年度以降の継続です。今後さらに地元と話し合う場を持ち、組織を強化していくことが必要なのは間違いありません。いろいろな思いを超えて、「伝統を引き継いでいく」という大義の下に力を結集していくことが求められるのでしょう。(もちろん、その前には、「伝統とは何か?」についての共通理解が不可欠なのでしょうが)

今日の晴れ晴れとした思いを次年度以降も体験したいですし、そのために自分も精一杯応援していきたいと思います。

これからの教育

思い 教育

平成30年1月5日発行 「ふくい教育新聞」に投稿させていただいた、これからの福井県の教育に対しての思いです。

新年あけましておめでとうございます。  
その中で、思いを言葉にする大切さとやりがいを感じつつも、いろいろな事柄が形にならないもどかしさを感じることも少なくありません。
今、大きな課題だと捉えていることが2つあります。

その一つは、「働き方改革とのつながり」です。
昨年12月市議会の中で、市の職員や保育士のみなさんをはじめ、公務に携わる多くの方の労働時間やその手当も含めた処遇について取り上げました。その中で、公務員の労働が正規・非正規を問わず、とても安易に扱われ、未だに法令違反すら疑われる状況にあることに腹立たしさを感じました。ところが、その話が教育現場に及ぶと、まったく違った感覚になってしまいます。時間外勤務に対しての限定4項目の形骸化と4%という教職調整額の不合理さに愕然とします。今、「働き方改革」が叫ばれる中で、教育現場の勤務と処遇の改善は喫緊の課題であるのは間違いありません。
私たちにとって、「個性豊かな、よりよい社会人への育ちを支援すること」は大きな使命です。しかし、その大命題のために多くのものを犠牲にせざるを得ないとするならば、未来の教育につながってはいかないと感じます。

もう一つは、「立ち止まることの大切さ」です。
これまで、福井県の教育は、国の施策を先取りすることで、教育効果をあげてきています。しかし、矢継ぎ早な新しい教育施策によって、現場に疲弊感が広がっているのも事実です。私たちの目的が「全国学力調査」「全国体力テスト」でトップになることでなく、『人間力の向上』『心の醸成』『感性の育成』にあることを思うとき、今「立ち止まることの大切さ」を感じます。一度立ち止まり、一人一人の子どもたちの声に耳を傾け、共感・受容するために何が必要なのか、そのための現場の姿はどうあるべきなのかを問い直し、福井県の教育を見直すべきだと考えます。
教育現場の素晴らしさと最前線で日々奮闘されている先生方の姿を正しく伝え、より多くの方に課題を共有していただくことが私の使命なのだと決意を新たにしています。
これからも、いろいろな思いを少しでも形にできるよう頑張っていきたいと思います。これまで以上のご指導、ご支援をお願いいたしますとともに、組合員のみなさん一人一人にとって、県教職員組合にとって充実の年になりますことを祈念いたします。

「TUTTI」11号を掲載しました

お知らせ

機関紙 kitasan通信「TUTTI」11号が出来上がりました。
ご一読いただき、今回もみなさまの忌憚のないご意見等を頂戴いいただければと考えております。

▽「市議会活動報告 kitasan通信TUTTI」
 
 

12月議会を終えて

私の考え

12月議会が終わりました。
↓ぜひこちらで一般質問の内容をごらんください。ご意見がいただければ幸いです。
 
○平成29年12月議会記録
○議会記録12月議会の振り返り 

 
 

平成30年がスタートしました。

私の考え

平成30年がスタートしました。
私にとっても、大きな節目の年です。
すべての市民の皆さんにとって夢ある年になりますよう、精一杯務めさせていただく頂く所存です。
本年もどうぞよろしくお願いいたします。
 
 


Return to Top ▲Return to Top ▲