『 駅前広場竣工 』

雑感

10月4日、待ちに待った駅前広場の竣工式でした。長い間、フェンスの奥で進められていた工事ですが、いよいよ市民の皆さんにお目見えとなりました。駅は、わが市のいわば玄関です。どの家でも、玄関を入った瞬間に、この家は自分を温かく迎え入れてくれようとしているのか、冷たく形式的な対応で済ませようとしているのか、大切にしているものは何なのか、家族はお互いに支え合っているのかが伝わってくるものです。

私たち市民一人一人が第三者の視点で、しっかりと見つめていくことが必要です。

それぞれに思いはあるのだと思いますが、今求められるのは、市民レベルでしっかりと生きた空間に育てるとことなのでしょう。

外形はでき上がりました。これまで、関係者が練りに練ってできたものなのです。そして、まだまだ作業が続きます。

これからも、市民のいろいろな声をしっかりと受け止める場を提案していきたいと思います。

2015-10-16 13.23.11



Return to Top ▲Return to Top ▲