議員研修会

活動報告

12088554_175691469436664_4902234457274607677_n

 今日の午後、議員研修会でした。三重県地方自治研究センター上席研究員である高沖秀宣氏を講師にお招きしての議員研修会が開催されました。氏が、私たちに提示された課題は、「二元代表制における議会の機能として、一般質問は必要か?」というものでした。その上で、「議会活性化に向けた質問力向上」をテーマに、氏の経験値と議会への情熱に裏打ちされた講演をいただきました。
 今日の研修の中で、「議会での質問の在り方・目的は、首長・執行機関の『政治姿勢』を明らかし、『政治責任』を明確にすること」であること。そのために「問題設定と獲得目標が大切であること」を再確認させていただきました。
 最初の課題に対する私の考えは、「一般質問は必要である。」というものです。それは、上記の目標達成はいうに及ばず、それ以上に、市民に対して、市議会という場を通して、「市の課題」「首長の考え」を明らかにすることが、市民の当事者意識につながり、それによって、これからの課題に取り組む一体感が生まれると考えるからです。「透明性のある市政」「公平感のある施策」の重要性を今一度噛みしめたいと思います。
 そして今、「説明責任の明確化」が、私のキーワードに加わりました。



Return to Top ▲Return to Top ▲