まぶしい音に

雑感

 中学生の音はどうしてこんなにまぶしいのかと思う。けっして音程が完璧な訳でもなく、音色がプロ並みであるわけでもない。ミスも多く、音楽的にもまだまだ伸びしろも大きい。でも輝いている。輝きというのは、メンタルな面を感じるからなのだろうか。その時々の自分の中で精一杯の音を出そうとする思いが伝わってくるからなのかもしれない。
 昨日の発表会、そんなまぶしい音に向き合う時間をプレゼントしてくださり、中学生を指揮する最後の機会をつくってくださった吹奏楽部顧問の先生方、多方面から応援してくださった皆さんに心から感謝いたします。

 「高校へいっても続けるんだよ」という言葉に、しっかりとうなずきを返した3年生の生徒たち。
数年後には、市内の高校吹奏楽も大躍進することを確信させる子供たちの姿でした。



Return to Top ▲Return to Top ▲