力を合わせる 平成25年度 入学式 式辞より

子どもたちへ

 小学校を卒業してから今日の日まで「これからどんな中学校生活が始まるのだろう」「勉強は、友達は、先生は、部活動は・・・・・・・」おそらく大きな期待、そしてちょっとした不安を抱きつつ今日の日を待ちわびたことと思います。
 みなさんも知っているように、本校は県内でも有数の大変大きな学校です。みなさんがこれからの3年間の多くの時間を過ごすこの場は、温かく抱かれる安息の地でもあり、自らを鍛える道場でもあります。
 その中で、『自主』『共同』『創造』という校訓のもとに、意欲的に多くのことを学び、助け合い励まし合いながら、自らの将来、世界の未来を切り拓く力をつけた人として大きく成長していってもらいたいと考えます。そして、必ずそうなるものと確信しています。
入学式にあたり、これからの中学校生活の中で守って欲しい2つの願いを述べておきます。
 一つは、「ひとに迷惑をかけない」ということです。
 人は社会の中で生きています。その中では全ての人が安全にのびのびと生活していく為のルールが求められます。そのために最も大切なものが「ひとに迷惑をかけない」ということです。
 そして、もう一つは「折れない」ということです。
 中学生という時代、失敗することは、一杯あります。かっこ悪く負けることだっていっぱいあるのです。ましてやまだまだ未熟な十代、失敗や勇み足があって当然です。自分の思い通りに成らなくてイライラしたり、悔しさに唇をかみしめることも、たくさんあることでしょう。時には、失敗と気がつかず、周りから指摘されることもあるのかもしれません。
 そんな時、もう私はダメだとか、人生真っ暗なんて思わないでいきましょう。すぐに起き上がるのです、そして、次を、よりよい自分をめざして立ち上がりましょう。それを経験する中で、皆さんはより強くたくましく、しなやかな人間に、さらには人の胸の痛みを心から理解できるやさしい人間に育っていくのだと思います。

 私たちは、この場にいる全員が皆さんを応援します。そのために、私たちは、どれだけでも一緒に頭を下げます。どれだけでも共に闘います。今、皆さんの応援団の一人として、そんな覚悟でここに立っています。

 保護者の皆さま、今日という日を迎えられ、制服に身を包んだお子さんの姿に、胸が一杯のことと思います。
 皆さまもまた、お子様のこれからの中学生活に少なからぬ不安を感じておられることと思います。しかしこの場にいる全ての者が「この子がよい子に、よりよき人に育ってほしい」という共通する願いをもっています。それは、絶対にぶれてはならないものであり、ぶれるはずのないものであると考えます。
その意味で、ここにいる全ての者が同志であります。
 子どもの育ちを誰よりも知っている家族や保護者のみなさん、子どもたちの集団の中での姿や学習に関しての得意・不得意を誰よりも知っている担任がこの一つの共通した「願い」のために力を合わせる。何の不安がありましょう。
絶対にすばらしい人に育ってくれると確信しています。
 私たちにとって、今日は新入生の子どもたちとの出逢いの日であると同時に、保護者の皆様との出逢いの日でもあります。子どもたちを通して、みなさんとたくさんの感動を共有できることを楽しみにしています。
 保護者のみなさん、そして校下小学校の先生方、大切な子どもたちを、本日より、全職員が心を一つにしてお預かりいたします。
 どうか、本校の教育活動に深いご理解と力強いご支援、ご協力を賜りますよう、お願いいたしまして、式辞といたします。



Return to Top ▲Return to Top ▲