2012年6月

真摯であること

合唱

 合唱曲に込められたものは大きい。
 「作曲者や作詞者の感性や思い」はもちろんのこと、自身の体験、仲間の思い、過去にこの曲に臨んだ多くの生徒の思いも背負っているに違いない。
 私たちが合唱コンクールや合唱に価値を見いだすのであれば、それを大事にする姿勢を形に表し、伝えていかなければならない。
 学級によって、人によってその表し方は千差万別、いろんな姿があってよいのだろうが、「結果」以上に「この曲を大事にしよう」という思いが伝わってくる合唱を期待したい。それは曲に対して「真摯であること」なのだろう。
 どの合唱曲も、深みがあり、心の琴線に触れる。
 一生の思い出となる曲に違いない。


精一杯井戸を掘る

雑感

 今週から、いよいよ合唱コンクールモードに入り、始業式に話した「井戸を掘るとき、先ず泥水だろう」という言葉が大きく迫ってくる。
 合唱を完成させていく過程で、必ず泥水に出逢う。最初からきれいな水に出逢うとしたら、それは「まやかし」であると考えた方がいいのだろう。
 泥水の先に透き通った水が待っているとは限らない。でも、掘るのを止めてしまったら、井戸は役目を果たさず、きれいな水にも巡り会えない。
 担任として別の種類の泥水を感じるのも合唱コンクール。苦しさはある。・・・・でも、その先に待っているのは、担任でしか味わえない最高の水である。



Return to Top ▲Return to Top ▲