連携ということ

教育

 「学校の様子」と「家庭の様子」、お互いに、伝えることは伝え、責任をもって 取り組んでいくことを大切にしていきましょう。

  • 学校という集団の中で、子どもたちはいろいろなストレスを抱えています。
  • 温かな雰囲気の中で、そのストレスを癒し、次の日のエネルギーを充電する家庭であってほしいと思います。
  • そのために、よく見て・観て・診て・看ていきましょう。
  • 家庭の衣食住をはじめ、あたりまえのことを大切にしていきましょう。
     衣・・・・・・・豪華なものは不要です。ただ清潔で繕われたものを
     食・・・・・・・食べ盛りの子どもたち。朝食もしっかり摂らせてほしい
     住・・・・・・・温かな雰囲気の家庭を大切にしてほしい。
  • 子どもさんのことで、夫婦間での秘密はなしにしてほしい。
    根を養えば、樹は自ずから育つ
  • その根っこを養い、そこに養分を送るのが、地域であり、家庭です。強い根を張らせるためには、自ら養分を求めて根を伸ばすハングリーな部分も必要です。
    いい土づくりと自ら精一杯根を張りたいという思いを育てることが、皆さんと私たちの大切な役割なのだと思います。いい土づくりをしていきましょう。
  • 人には内面的に素晴らしい所が必ずあります。その部分は絶対に認めていかなければなりません。ただ、行為として現れてきたものには、いけないもの、許すことのできないものが存在することもあります。中学生という時代、愉快さやその場だけの楽しさを求めるのではなく、ある部分で「真剣なもの」を感じさせ、身につけていくことが大切なのだと思います。


Return to Top ▲Return to Top ▲