パンジーから

雑感

 前庭の花壇の雪が解けて、パンジーが顔を出しました。まだ残っている泥に汚れた雪と対照的に華やかな彩りを見せていますが、よく見ると、伸び伸びと花びらを広げている花の隣には、まだつぶれた状態で、数日前までの雪の重さを想像させるものもたくさんあるのに気づきます。
 今美しく咲く花たちにも、暗く苦しい時期があったことを思うと、あれだけの雪と寒さに耐え、押しつぶされた中から這い上がるように咲く花たちに自然の力を感じずにはいられません。今の美しさからは想像のできない辛さを経つつも、それを感じさせないパンジーから学ばせてもらい、力をもらった気がします。



Return to Top ▲Return to Top ▲