雪と生徒指導

学校

 校門の前に残っていた雪も消えようとしています。
 こうして解けてしまうと、あれは、「何だったんだろう・・・」と思います。
 でもあの時は本当に大変でした。爪跡は今も至る所に残っています。現に「これくらい
・・・・」という自分の甘さのせいで、愛車のフロントバンパーは3度にわたって凍てた雪の
洗礼を受けてしまいました。
 生徒指導に関する教育現場も、雪とのドラマに共通するものがあるように思います。
ただ大きな違いがあるとするならば、雪は自然に解けていくけれど、生徒指導の問題は、
私たちが苦しさを乗り越えないと解決されないという点なのだと思います。
 必ず雪解けの日はやってきます。その日を目指して・・・    お願いします。



Return to Top ▲Return to Top ▲