挨拶の根っこ

学校

  • ある少女と目が合った。照れくさそうに柔らかな笑顔がこぼれ、口元が「おはようございます。」と小さく動いた。こちらもやさしく「おはよう。」と応えた。
  • ある少年は、つかつかと歩み寄り、すっと足を止めた。両足を揃え、背筋を伸ばして、元気な声で「おはようございます。」としっかり礼をした。こちらも大き な声で「おはよう。」と返した。

 このどちらも、さわやかな朝にふさわしい挨拶だと思うのです。でも時に、周りの挨拶の声のシャワーを浴びながらも、無視して通り過ぎていく子にも出会います。その時思うのです。「この子も挨拶の根っこをもっているのだけれど、挨拶のシャワーが苦手なのだ。この子の挨拶の根っこは朝露のように繊細なのだろう。」と……。
 朝の子どもたちは、心にいろんなものを抱えて登校してきます。それらを一旦自分なりにしまい込んで、「今日も頑張ってみよう。」といった思いをいろんな挨拶で表現してくれます。その姿はけなげで、美しくもあります。「精一杯応援してあげたい。」と元気がわいてくる。



Return to Top ▲Return to Top ▲